ベトナム研究者

ベトナムに関する研究は過去の独立闘争、ベトナム戦争にまつわる社会、政治的な背景の研究から、ドイモイ以降の経済発展に伴い、市場経済への移行、それに伴う社会の変化などに焦点が移ってきているようで、研究主体も大学から種々の経済研究機関、企業、シンクタンクなどに移ってきているような気がします。 依然として、比較文化については、少数民族が多いことから取り組まれてもいますが、少数民族については、居住区が国境近くにあったり、政治的にも取り扱いが難しい背景もあるので取り組みは難しくなっているかもしれません。 伝統的に東京外大や大阪大学(旧大阪外大)などは、ベトナム語を中心としてベトナムとの関わりが深いですし、九州大学は、伝統的に南方農業や南方医療に強かったりして、それぞれの繋がり、伝統も生きている気もします。 ここ最近の研究については、ブランクがあるので少々リサーチが必要ですが、最近の研究者の方々について調べてみました。
当然ながら、多くの研究者がおられる学会情報を網羅できるわけもなく、Webからの検索が主になっていますので抜けが多々あると思います。
欠けている情報があれば、私宛に送付頂けると幸いです。
ご連絡はtshiota@nifty.com


大学・研究機関
早稲田大学ベトナム研究所
東京外国語大学
大阪大学 大阪外国語大学が吸収合併されています。冨田健次先生もこちらに。
大谷大学ベトナム仏教
九州大学 南方農業
ジェトロ・アジア経済研究所

近年の引退
古田元夫 近代史、政治
白石昌也 近代史、政治
坪井嘉明 近代史、政治
桜井由躬雄 故人:歴史、桜井由躬雄文庫
長憲次 熱帯農学
中川武 フエの王宮

歴史
桃木至朗 大阪大学 歴史
今井昭夫 東京外語大 歴史
八尾隆生 広島大学 前近代史
栗原浩英
蓮田隆志 APU 近世日越通交
岡田健志 静岡文化芸術大学 近現代史

文化人類学
樫永真佐夫 民族学博物館 
伊藤正子 京都大学アジア・アフリカ研究科 業績
比留間洋一静岡県立大学

政治
中野亜里 大東文化大学 政治
嶋尾稔 同志社大学南シナ海研究センター
下條尚志 静岡県立大学 業績

経済
坂田正三アジア経済研究所
藤倉哲郎 アジア経済研究所
澁谷由紀 東京大学

文学
野平宗弘東京外語大 文学

言語
田原洋樹 言語

宗教
大谷和彦ベトナム社会科学アカデミー ベトナムスケッチ記事

農学
緒方一夫 熱帯農学
吉村淳 熱帯農学 稲の品種改良

建築
林英昭 建築史 ベトナム中部の伝統建築

論文
日本におけるベトナム研究の視座の変遷
ある地理学者のハノイ滞在記
ベトナムの選択
ベトナム北部中山間地域に適応した作物品種 開発